冬を美味しく過ごそう♪

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

みなさん、こんにちは!

寒い日が続きますね・・・新しく防寒具を用意した方もいらっしゃると思いますが、食事にも新しいメニューを取り入れてみませんか?今日は冬野菜である白菜と大根を使ったレシピをご紹介いたします。

 

【 白菜 】 冬野菜の代表格!たん白な味なのでどんなお料理にも相性バツグン。

コールスローサラダ・・・細切りにした白菜に塩をふって10分ほど置く。白菜から出た水気を絞り、お好みのドレッシングやマヨネーズで和えていただきます。人参やコーンなどを加えると彩りが◎、ハムやツナを足すと栄養バランスも摂れます。

白菜シチュー・・・煮込むと軟らかくなる白菜は大きめのざく切りに。ブロックベーコンや鶏肉なども大きめの塊のままがおススメです。食材全てを出汁で煮て(和風でも洋風でもOK)、白菜が軟らかくなり、肉類に火が通ったら、牛乳・塩・こしょうを加えて味を整えましょう。牛乳を豆乳にかえたり、隠し味に味噌を加えると一層美味しいですよ!

ミルフィーユ鍋・・・白菜がたっぷり食べられる、いまや冬の定番となった白菜と豚肉のミルフィーユ鍋。ざく切りした白菜を鍋に縦に敷き詰め、間に豚肉を挟みこみます。出汁をひたひたに入れて、料理酒・少量の醤油でコトコト煮ます。白菜の甘味、豚肉の旨味を存分に味わうことができる一品です。

白菜のイラスト(野菜)コールスローのイラスト  ミルフィーユ鍋のイラスト

 

 

【 大根 】 捨てるところの無い大根、部位によって使い分けるとより美味しさを引き出すことができます!

<葉に近い上部>おろし・・焼き魚にあると嬉しい大根おろし。小鉢としていただいても美味しいですよね。そんな大根おろしにプラスするおススメの食材をご紹介!◇なめたけ◇しらす干し◇なめこ水煮・きゅうりや水菜・サラダチキンを一緒に和えた甘酢◇揚げたさつま芋◇焼き餅◇納豆◇和風ドレッシング◇茹で豚・茹で鶏・ハンバーグ・揚げ茄子など、いろんな料理に合う大根おろし。冷凍も可能です。

<太さの揃う中央部>ふろふき大根・・・3cm程度の筒切りにして厚めに皮を剥く。面取りして十字の切れ目を入れたら、大きめの鍋で米のとぎ汁と水で煮ます。大根が軟らかくなったら一度水洗いし、今度は出汁で10分ほど煮ます。お好みのゆず味噌などをつけていただきます^^。出汁で煮た後火を消して、そのまま冷ましておくと出汁がよく染みこんでさらに美味しくなります♪剥いた皮は細く切ってきんぴらにしましょう。

<根に近い下部>干し大根・・・大根を拍子切りにしザルに並べて半日ほど天日で干す(新聞紙でもOK、重ならないように並べましょう)。油で炒めて、砂糖・醤油・みりん・料理酒などで味付けし、お好みでちくわやさつま揚げ・油揚げなどを一緒に煮ます。干さずに煮る大根と比べると食感がしっかりして味がよく染みこみます。2.3日干すと半分くらいの大きさになり、冷凍保存にも適しています。

大根のイラスト(野菜) 大根のイラスト(おでん)  切り干し大根のイラスト

  

冬が旬の野菜は甘味があるものが多いので、薄味がおススメです。冬野菜をたっぷり食べて温まりましょう♪

☆☆ 次回は年末年始の食事の注意点などご案内いたします ☆☆

11月の行事食 七五三

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

みなさん、こんにちは!

朝晩めっきり寒くなりました。日中との気温差に対応できる防寒具をうまく利用したいですね。

また、インフルエンザも流行しています。冬にインフルエンザが流行する理由として、乾燥していること・気温が低いことなどインフルエンザウィルスが活動しやすい環境であることが上げられますが、屋内にいる時間が増えること・日照時間が短くなるなどの生活環境の変化も原因と考えられているそうです。

私たちができる予防策としては乾燥対策があります。もちろん、手洗い・うがいも大切ですが、水分不足によってのどの粘膜が乾燥しないよう、加湿器を利用したり、こまめに水分を摂りましょう。 冬場の水分摂取不足は便を硬くする原因にもなります。便秘予防のためにも、水分補給は大切ですね!!

さて、11月8日は立冬でした。暦の上では冬となり、店頭にも冬の食材がお手ごろ価格で並ぶようになりました。当院でも冬メニューのご提供準備を進めております。今日はお献立のご紹介と、先日11月15日に七五三の行事食を合わせてご案内いたします。

◇◇ 予定している冬献立のメニュー ◇◇

【 白菜の重ね蒸し 】 

007.JPG ゆでた白菜と鶏肉団子を交互に重ねて蒸し焼きにします

【 チキンクリームシチュー 】 

チキンクリームシチュー.jpg 鶏肉と根菜類をたっぷり入れた手作りのシチューです

 ナスミートグラタン 】 茄子ときのこを入れた おかずになるグラタンです

ナスミートグラタン.jpg 茄子ときのこを入れた おかずになるグラタンです

【 みそ田楽 】 

みそ田楽.jpg 焼き豆腐やこんにゃくを手作り味噌で召し上がれ ♪

【 かぶのあんかけ 】 旬のかぶは軟らかくて美味しいですよ

かぶのあんかけ.jpg 旬のかぶは軟らかくて美味しいですよ、かぶの葉はカルシウムも豊富です

【 かぼちゃのいとこ煮 】 

冬至南瓜.jpg 南瓜だけでも美味しいですが、小豆を入れるともっと美味しい♪ 食物繊維もUP♪

◇◇ 行事食のご報告 ◇◇

【 七五三 】

A:赤飯・さわらのしょうが焼き・手作りがんも・ドレッシング和え・フルーツ

エネルギー:635kcal 食物繊維:6.2g 塩分1.7g

七五三a.JPG

B:赤飯・鶏肉の梅肉焼き・手作りがんも・ドレッシング和え・フルーツ

エネルギー:629kcal 食物繊維:6.3g 塩分1.8g

七五三b.JPG

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

これからの行事食

12月22日(日) 冬至・・・冬至かぼちゃ

12月24日(火) クリスマスイブ

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

10月行事食(秋の行楽弁当・ハロウィン)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは

朝晩の冷え込みが強くなってきましたが、体調を崩されていませんか?

前回は、季節の変わり目におススメの「秋の味覚レシピ」をご紹介していますので、体調管理の参考にそちらも是非ご覧ください。

今回は、10月27日(日)・10月31日(木)の行事食をご報告します。

【 秋の行楽弁当 】

栗ごはん・鶏唐揚げ・鮭味噌漬け焼き・マカロニサラダ・煮物・切干大根のゴマ酢和え・漬物・牛乳寒天

エネルギー661kcal、食物繊維9.5g、塩分3.0g

2019秋行楽弁当.JPG

☆☆☆ 切干大根のゴマ酢和え ☆☆☆

材料(作りやすい量)

切り干し大根(乾)20g、きゅうり25g(1/4本)、しめじ25g、赤ピーマン25g、酢20g(大さじ1+小さじ1)、砂糖5g(大さじ1/2)、醤油10g(大さじ1/2)、白すりごま5g(小さじ1)

作り方

1、切り干し大根は水で戻してから軟らかく茹でる。しめじも石づきをとり茹でておく。きゅうりと赤ピーマンは千切りに切る。

2、調味料を全て合わせておき、水を切った切り干し大根としめじ、きゅうり、赤ピーマンを加えてよく混ぜる。

【 ハロウィン 】

A食:五穀ごはん・白身魚のネギ味噌焼き・きのこマリネ・ポークビーンズ・フルーツ(柿)

エネルギー574kcal、食物繊維8.7g、塩分1.4g

2019ハロウインA.JPG

B食:五穀ごはん・鶏手羽の照焼き・きのこマリネ・ポークビーンズ・フルーツ(柿)

エネルギー605kcal、食物繊維8.2g、塩分1.5g

2019ハロウィンB.JPG

★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★

これからの行事食

11月15日(金) 七五三

12月22日(日) 冬至 (冬至かぼちゃ)

12月24日(火) クリスマスイブ

★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★

秋の味覚を楽しもう♪

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

みなさん、こんにちは!秋.pngのサムネイル画像

10月も後半に入り、秋の涼しさが感じられるようになりました。当院のある横浜では、金木犀の甘い香りが漂い始めています。

ちょうど今の時期、つまり『季節の変わり目』は体調を崩しやすい時期でもあります。「ついこの間まで汗ばむ陽気だったかと思えば、急に肌寒い」「日中と朝晩の寒暖差が大きい」・・・このような急な気温の変化は、身体に大きな負担をかけることに。体調を崩してしまう方も少なくないはずです。

そんな季節だからこそ、食生活を見直してみませんか?

味・栄養価ともに優れた旬の食材を取り入れてみませんか?

今回は『秋の味覚』のご紹介です。

『秋の味覚』といえば・・・新米・ごぼう・れんこん・きのこ・さつまいも・じゃがいも・かぼちゃ・栗・ぶどう・柿・梨・りんご・キウイフルーツなどがありますね。

ごぼう、れんこん等の根菜類・きのこ・さつまいもは食物繊維が豊富で、当院では毎日と言っていいほどメニューに登場します。食物繊維は腸内環境を整え、免疫力を高める効果も期待できます。

ご家庭でも作りやすいメニューをいくつかご紹介します!

◎さつまいものゴマ和え◎ さつま芋ゴマ和え.JPG

(材料 2人分) さつまいも60g 砂糖4g(小さじ1強) 醤油4g(小さじ1弱) 黒すりゴマ小さじ2(お好みの量)

1.さつまいもは1センチ位の厚さで半月切り(厚さも大きさもお好みで。さつまいもの太さによっていちょう切りでも輪切りでもOK)にして、加熱する(ゆでる・蒸す・電子レンジを使用する等)。

2.調味料と黒すりゴマを合わせておき、1のさつまいもと和える。

◎根菜サラダ◎ 根菜サラダ.jpgのサムネイル画像

(材料 2人分) ささがきごぼう40g スライスれんこん20g きゅうり10g スイートコーン(缶)20g ミックスビーンズ(缶)20g ツナ缶適量 市販のゴマドレッシング20g(大さじ1と1/3) マヨネーズ10g(大さじ2/3)

1.ごぼうとれんこんをゆでて冷ます。(ごぼうとれんこんはカット済みの商品を使用してもOK)

2.きゅうりは千切りにする。コーンとミックスビーンズは缶から開けて水を切っておく。

3.ボールに全ての材料を入れ、混ぜ合わせる。

◎豚肉とさつまいものみそ煮込み◎さつまいもと豚肉の味噌煮込み.jpg

(材料 2人分)豚ももスライス150g さつまいも60g 板こんにゃく100g 生姜適量 みそ12g(小さじ2) 醤油6g(小さじ1) 砂糖6g(小さじ2) みりん6g(小さじ1強) 酒4g(小さじ1弱) 油適量万能ネギお好みで

1.さつまいもは太さによって半月切りやいちょう切りなど食べやすい大きさに切り、加熱しておく。(薄いと煮崩れてしまうので厚めに切ったほうがよい)。こんにゃくは食べやすい大きさにスライスしたり、手でちぎってもOK。

2.鍋に油を熱し、生姜・豚肉・こんにゃくを炒める。豚肉に火が通ったら1のさつまいも砂糖・みりん・酒を入れ煮る。最後に醤油・味噌を入れ煮込む。(味噌を入れてから煮込みすぎると風味が飛んでしまうので注意)

3.器に盛付けたら万能ネギを散らす。

根菜類はシャキシャキした歯ごたえが楽しめる食材である反面、義歯を使用している方、口腔内に何らかのトラブルがある方、まだ歯の生え揃っていない子どもにとっては、硬さがネックになって避けてしまいがちな食材のひとつ。そんな方は、小さく切ったり、ミキサーにかけてポタージュにするのもおすすめです。細かく切ったりミキサーにかけても、食物繊維量はほぼ変わりません。根菜類を多めの水や出し汁で煮てからミキサーにかけ(またはマッシュする)、牛乳でのばすと簡単にポタージュスープが出来ます。

秋の味覚を楽しみながら、食物繊維をしっかり摂って、体調を整えましょう!

秋3.jpg秋3.jpg秋3.jpg秋3.jpg秋3.jpg

9月の行事食 秋分の日

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは

当院近くの街路樹のイチョウには、銀杏(ぎんなん)の実が鈴なりについて、秋の香りが漂っています。銀杏(ぎんなん)拾いをする方もいらっしゃいました♪

 今年は朝晩の寒暖差に加えて、日々の寒暖差も激しいため、なんとなくだるい・肩こりや頭痛がひどい・眠れないなどでお悩みの方もいらっしゃると思います。季節の変わり目にみられる『 秋バテ 』かもしれません。急激な気温の変化は、自律神経のバランスが崩れて免疫力を低下させ、体調不良の原因となります。生活習慣を少し見直して、季節の変わり目を元気に過ごしたいものです。

適度な運動 いつもより歩幅を広げて歩いたり、早足で歩くだけでもOK。軽く汗をかく程度の運動を継続しましょう。自律神経の乱れが整います。また、早寝早起きも自律神経を整えるために有効です。

水分補給 涼しくなって水分補給を忘れがちではないですか?これからの季節は日に日に空気が乾燥していきます。水分不足は便秘だけでなく、全身の倦怠感や頭痛などの症状を招くこともありますので、カフェインや糖分を含まない麦茶や水などをこまめに飲みましょう。一日1.5リットルが目標です!

身体を温める 夏場に冷たい飲み物をたくさん飲んだり、冷房の効いた部屋にいることで身体が冷えて不調の原因になります。温かい飲み物を選んだり、3食しっかり食事することも大事です。鍋料理や具沢山の味噌汁、スープなどは身体を温めるだけでなく、食物繊維も摂れるのでおススメのお料理です。また、ゆっくりと湯船に浸かって温まるのも効果的です。   

きのこそば.jpg きのこそば (豚肉を加えるとビタミンB1が補給でき、疲労回復に役立ちます)

ミネストローネ.JPG 野菜たっぷりミネストローネスープ(胃腸が疲れているときにおススメです)

ミートグラタン.JPG なすとブロッコリーのミートグラタン(ビタミンCが豊富な野菜と、たん白質の豚肉・チーズが一緒に摂れる手軽でバランスのよい一品)

さて、9月23日の行事食をご紹介します。

きのこ類やなす・柿や巨峰など、旬の食材を使用した秋らしい献立にしました。

【 秋分の日 】

A:きのこの炊き込みご飯・鶏肉の南部焼き・なすの焼き浸し・味噌汁・フルーツ(柿・巨峰)

エネルギー607kcal 食物繊維7.2g 塩分3.3g

2019秋分の日A.JPG

*当院では手作りですが、ご家庭では市販の炊き込みご飯の素を使用して、そこにお好みのきのこをさらに加えると、より風味もよく食物繊維量も増やすことができます。

B:海鮮あんかけ焼きそば・ポテトサラダ・フルーツ(柿・巨峰)

エネルギー611kcal 食物繊維6.9g 塩分2.6g

2019秋分の日B.JPG

*あんかけ焼きそばには、もやしときくらげをたっぷり加えました。

◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆

これからの行事食

10月31日  ハロウィン

11月15日  七五三

◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆

9月の行事食 十五夜・敬老の日

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

栄養士画像.jpgみなさん、こんにちは!

9月に入っても厳しい残暑が続いていますね。過ごしやすい日も出てきましたが、暑さはまだ続きそうです。水分補給やバランスの取れた食事などの熱中症対策を、引き続き心がけましょう。

<秋野菜を食べよう!>

旬の食材には、その季節を健康に過ごすために必要な栄養素が豊富に含まれています。

秋が旬の野菜には、「夏の疲労を回復させる」「血行を促進し身体を温める」などの効果があり、「腸内環境を整える」働きを持つ食物繊維も多く含まれます。

店頭では一年を通してほとんどの野菜を購入することができますが、ぜひ『旬』を意識して選んでみて下さい。

例えば・・・・・きのこ (しいたけ・しめじ・まいたけ・えのきだけ・エリンギなど)

        いも類 (さつまいも・じゃがいも・里芋など)          

        野菜・根菜類 (かぼちゃ・れんこん・にんじん・ごぼう・大根など) 

        種実類 (くり・ぎんなん・松の実・くわいなど)

さて、9月13日は「十五夜」、9月16日は「敬老の日」でした。 

当院の行事食をご紹介します。

【十五夜】 *秋野菜は、さつまいも・れんこん・しめじを取り入れています。

A:麦ご飯・生揚げとイカの炒め物・炊き合わせ・かんぴょうのマリネ・お月見まんじゅう

エネルギー:623kcal 食物繊維:8.3g 塩分:1.7g

008.JPG

B:麦ご飯・鮭の幽庵焼き・炊き合わせ・かんぴょうのマリネ・お月見まんじゅう

エネルギー:601kcal 食物繊維:7.5g 塩分:1.7g

009.JPGのサムネイル画像

【敬老の日】 *秋野菜は、くり・ごぼう・大根・しいたけを使用しています。

A:栗入り赤飯・豆腐の肉味噌かけ・金平ごぼう・茶碗蒸し・清まし汁

エネルギー:577kcal 食物繊維:7.2g 塩分:3.4g

003.JPG

A:栗入り赤飯・カレイおろし煮・金平ごぼう・茶碗蒸し・清まし汁

エネルギー:578kcal 食物繊維:7.4g 塩分:3.2g

004.JPG

来週、9/23は秋分の日です。秋分の日を境に日が短くなり、気温も下がってきます。季節の変わり目は体調を崩しがちです。寒い冬を元気に迎えるためにも、食物繊維の多い秋野菜はおススメです。

当院の昨年の行事食はこちらをご覧ください

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

これからの行事食

10月31日  ハロウイン

11月15日  七五三

12月22日  冬至

12月24日  クリスマスイブ

12月31日  大晦日

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

野菜の日

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

PHM03_0458.JPG  『野菜の日』をご存知ですか?

野菜を知ってもらい、もっと野菜を食べてもらいたいとの思いから、「 8・や 」「 3・さ 」「 1・い 」の語呂あわせで、8月31日を『野菜の日』として、全国青果物商業協同組合をはじめ9団体の関連組合が1983年に制定したそうです。

最近では企業がキャンペーンを実施したり、コンビニではサラダだけでなく、野菜の種類や量が豊富なメニューの販売もしています。また、今年の8月31日は土曜日ということもあって、農協さんや飲食店などでは『野菜の日』のイベントを予定しているようです♪

横浜市は、当院のある西区を除いて全ての区に農地があります。横浜に農地があるなんて意外かもしれませんが、実は農地面積と農家戸数は神奈川県内で1位だそうです!農家さんと消費者の距離が近いために、野菜の直売所も数多くあるんですよ。

横浜市では、主にキャベツや大根・ほうれん草・トマト・小松菜など多くの品目の野菜が栽培されています。また、カラフルな大根・人参・トマトなどの栽培や新種の野菜の栽培も盛んです。旬の野菜は栄養価が高くおすすめです。この機会に、地域の新鮮野菜や果物などを探しにでかけてみてはいかがでしょうか。安くて美味しい野菜をたくさん食べて、元気に残暑を乗り越えましょう♪

◎横浜の野菜直売所の情報はこちら     

◎みなとみらい農家朝市 場所:高島中央公園(西区みなとみらい) 公式情報はこちら

クリックすると新しいウィンドウで開きます

参照:横浜市HP 横浜市環境創造局みどりアップ推進部農業振興課より

8月行事食 山の日

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは

毎日暑いですね。熱中症の予防には、「バランスの良い食事を摂る」、「のどが渇く前に水分を補給する」、「十分な睡眠をとる」などが有効です。まだまだ残暑が厳しい日もあるかと思いますが、自分は大丈夫!と過信せずに注意して過ごしましょう。詳しくはこちら

汗をかくと身体の水分だけでなく、ミネラルも失われてしまいますが、そのミネラルを食事で手軽に補給するのに「塩昆布」がおススメだそうです。食物繊維も摂れて一石二鳥!おにぎりに混ぜ込むだけでなく、いろいろな料理で取り入れてみませんか?

◎ 浅漬け  一口大に切ったきゅうりやキャベツと塩昆布を混ぜて

◎ 炒め物  塩などの代わりに塩昆布で味つけ

◎ サラダ  トマトやきゅうりを切って、塩昆布とオリーブオイルで和える

◎ 冷奴  塩昆布をトッピングにする

普段の食事にぜひ取り入れてみてください。


8月11日(日)山の日の行事食をご報告します。

【 山の日 】

A:冷やし中華・とうもろこしと枝豆の盛合せ・フルーツ

エネルギー644kcal 食物繊維7.7g 塩分2.2g 

2019.山の日A.JPG

B:ご飯・生揚げと豚肉炒め・とうもろこしと枝豆の盛合せ・茄子とトマトのマリネ・フルーツ

エネルギー663kcal 食物繊維7.2g 塩分1.6g

2019.山の日B.JPG

茄子とトマトのマリネには茹でた押し麦を加えて食物繊維をUPしています。トマトや茹でた野菜と押し麦・もち麦などを混ぜて、お好みのドレッシングで和えます。冷蔵庫で冷やすとより一層美味しくいただけます。お試しください♪

★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★

これからの行事食

9月13日  十五夜  (月見団子)

9月16日  敬老の日

9月23日  秋分の日  (おはぎ)

★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★

7月行事食 土用の丑

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

暑中お見舞い申し上げます「夏 無料イラス...」の画像検索結果


日照時間が少なく気温が低い梅雨寒の天気から一転して真夏日になり、まいにち朝から暑い日が続きますね。皆様いかがお過ごしでしょうか?

気象庁の3ヵ月予報では、7月から8月にかけての気温は全国的に平年並みか低い、と聞いていましたが・・やはり猛暑になりそうですね。

暑いと食事を作るのも、食事を食べるのも億劫になりがちですが、外食や惣菜を利用して、少ない量でもバランスのよい食事を心がけましょう。こまめな水分補給と十分な休息、睡眠も忘れずに!!


7月27日は土用の丑でした。当院の行事食をご紹介します。

【 土用の丑 】

A:五穀ごはん・豚肉と夏野菜のオイスターソース炒め・うなぎとゴボウの卵とじ・変わり冷奴・すいか

エネルギー:641kcal 食物繊維6.7g 塩分2.5g

R1土用の丑A1.JPG

B:五穀ごはん・カジキのきのこあんかけ・うなぎとゴボウの卵とじ・変わり冷奴・すいか

エネルギー:641kcal 食物繊維6.7g 塩分2.5g

R1土用の丑B1.JPG

◎ うなぎとゴボウの卵とじ ◎

(材料 2人分) ささがきごぼう40g、うなぎ蒲焼40g、卵Lサイズ1個、絹さや2枚、出汁(ごぼうが浸るくらい)、砂糖、醤油(めんつゆで代用できます)

1、鍋に ささがきごぼう、出汁、砂糖、醤油を入れて甘辛い味付けで煮ます。

2、うなぎ蒲焼を1.5センチ幅に切り、1の鍋に加えて数分煮ます。

3、溶き卵を回し入れて、卵が半熟状になったら火を止めて余熱で加熱します。

4、器に盛り付けて、千切りにした絹さやを添えます。

*土用の丑の日以外にも!うなぎが無くても!おススメの一品です。

◎ 変わり冷奴 ◎

(材料 2人分) 味付けめかぶ1P、オクラ2本、白ごま、かつお節、絹豆腐(木綿豆腐でも可)

1、茹でたオクラを小口切りにします。

2、味付けめかぶをボールに入れ、1のオクラ、白ゴマ、かつお節(お好みの量)と混ぜ合わせます。

3、器に豆腐を盛り付け、2をかけて出来上がり。

*水溶性食物繊維を多く含む味付けめかぶとオクラで食物繊維を強化しました。

*木綿豆腐には、便をやわらかくする働きのあるマグネシウムを多く含み、便秘気味の方にはおススメです。

ますます暑い日が続きます。しっかり食べて暑い夏を乗り切りましょう!!

★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★

これからの行事食

8月11日 山の日

★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★

7月行事食 七夕

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

みなさん、こんにちは!

すっきりしない天気が続いている地域が多いようですが、いかがお過ごしですか?

先日気象庁から発表された3ヵ月予報によると、7月から8月にかけての気温は全国的に平年並みか低いところが多いそう。近年の猛暑を思うと少しホッとしますね。

しかし、過ごしやすい天気が続くとついおろそかになってしまうのが、熱中症対策。

気温が低くても、湿度・風の有無・個々の体調等によって熱中症にかかることがあります。

まずは以下の点を心がけましょう。

『バランスの取れた食事』・・・健康な身体を作るためにはもちろんですが、汗で失われた塩分や糖分は、食事がしっかり摂れていれば十分補給できます。

『喉が渇く前の水分補給』・・・喉が渇いたと感じるのはもうすでに脱水が始まっている証拠。こまめに飲むことが大切です。コーヒーや緑茶などのカフェインを多く含む飲料やアルコール類は、利尿作用があるため水分補給には適しません。

『十分な休息』・・・寝不足や疲れなどで体調が悪いと、体力・免疫力が落ちて熱中症にかかりやすく、さらに重症化しやすくなります。

また、熱中症は屋外に限らず室内でも多く発生しています。室内でも油断せず、クーラー等を活用し過ごしやすい環境を整えることが重要です。

さて、7月7日は七夕でした。あいにくのお天気で、天の川を観測できた方は多くなかったかもしれません。そんな時ほど食卓で雰囲気を出してみるのもよいですね。
当院では「七夕」の行事食をご用意しましたのでご紹介します。

【 七夕 】

A:七夕そうめん・さつま芋サラダ・フルーツポンチ

エネルギー:595kcal 食物繊維6.5g 塩分2.5g

2019七夕B.jpg

B:ご飯・豚肉の香味みそ焼き・さつま芋サラダ・七夕そうめん汁・フルーツポンチ

エネルギー:673kcal 食物繊維5.8g 塩分2.7g

2019七夕A.jpg

そうめんがメインの時は、どうしても主菜(肉・魚・卵などのおかず)や副菜(野菜のおかず)が不足しがち。今回はサラダうどんを参考に、定番の薬味(しそ・みょうが)以外にも、コーン・オクラ・ミニトマト・えび・厚焼き卵をトッピングしました。もう一品おかずを作るより手間もかからず、栄養バランス◎・彩り◎・そして食物繊維もしっかり摂れます。

これからの時期、食卓に多く登場するめん類。ぜひご家庭でもお試しください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

これからの行事食

7月27日 土用の丑

8月11日 山の日

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■