11月28日から12月4日:献立表〔常食〕

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

下記の日付をクリックしてください。常食の献立表をご覧いただけます。

2022.11.28-12.4.pdf

治療食は一部メニューが変更になります。ご了承ください。

《 今週のおすすめレシピ 》

ブロッコリー.png

今週は今がおいしいブロッコリーのサラダを紹介します。

ブロッコリーの旬は11月から3月頃で、寒くなるにつれ甘みが増すと言われています。野菜の中でも栄養価が高く、食物繊維ビタミンC、血圧を抑えるカリウム、健康な骨の維持に役立つビタミンK、目の健康に役立つビタミンAなどが含まれます。中でも食物繊維は100g(生)当たり5.1gも含まれていて便秘予防や整腸効果が期待できます。

油と一緒に食べるとビタミンAとビタミンKの吸収率がアップするので、マヨネーズを使用した今回紹介するサラダや炒め物にして食べるのがおすすめです。また、ビタミンCやカリウムは水に溶けやすいため、茹でるよりも電子レンジで加熱することで栄養の流出を防げます。ブロッコリーのクリーム煮を紹介したブログ記事も併せてご覧ください。

空気が乾燥して風邪をひきやすいこの季節。水分補給と食物繊維をしっかり摂り腸内環境を整えることで免疫力も上がります。排便コントロールだけでなく風邪をひきにくい体を作るためにも、水分と食物繊維を意識していきましょう!

〔 ブロッコリーサラダ 〕

ブロッコリーサラダ.jpg

材料(4人分) (一人分の食物繊維 2.5g)

ブロッコリー 200g(冷凍でもOK)、ロースハム 20g(2枚)

【調味料】マヨネーズ 12g(大さじ1)、粉チーズ 12g(大さじ2)、フレンチドレッシング 24g(大さじ2弱)※、こしょう 適量

※フレンチドレッシングがない場合は、マヨネーズ ・オリーブオイル ・酢を小さじ2ずつと塩こしょうを少々足してください。

作り方

1.ブロッコリーは小房にわけ、茎はそぎ落とすように厚く皮をむき1cm幅程の短冊切りにして茹でる。または、耐熱ボウルに入れふんわりラップしたら電子レンジ(600w)で4分程火が通るまで加熱する。ハムは1cm幅程の短冊切りにする。

2.粗熱をとり水気を切ったブロッコリーとハムと調味料を混ぜ合わせる。

masking_tape02.png