2013年4月アーカイブ

5月の行事食のご紹介と春野菜を食べよう≪筍≫

| コメント(0)
皆さん、こんにちは!

毎日、風が強いですね。我が家でもこいのぼりが元気に空を泳いでいます!
母の日のカーネーションを目にする機会も増え、春の訪れを感じますね(*^_^*)


1335342546310.jpg

皆様は子供の日・母の日をどのように過ごすご予定ですか?



当院では、5月5日に行事食をご用意する予定です。
実施した際は、またこちらのブログでご紹介しますね!

下記の写真は昨年の行事食「端午の節句」のお食事です。
IMG_1925.JPG
IMG_1927.JPG



春の食材であるグリンピースや芽キャベツを使用し、小鉢にうの花を取り入れることで食物繊維がアップしています!

詳しいお献立の内容はこちらをご覧ください!

今年度の行事食には、筍ご飯をご用意する予定です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


生の筍は、春の短い期間だけいただける自然の恵みです!
水煮の筍では味わえない春の風味を味わってみませんか?

面倒に思える筍の下ごしらえですが、やってみると意外と簡単です!
ぜひ、お試しください!!


◎筍選び・選ぶ段階でも気をつけましょう◎
   ・穂先があまり緑色でない
   ・小ぶりである
     ⇒地上に顔を出す前のもので身がやわらかく
                 アクが少ないです。
   ・毛つやがよく、根元のボツボツが均等なものを選びましょう。
     P1000683.JPG

◎下処理◎
  1.筍の上部を斜めに切る。
  2.竹皮に縦に切れ目を入れる。 ⇒1/3から半分程度包丁を入れます。
  3.切り口をやや広げる。
          ⇒切り口が閉じにくくなり、茹で汁がしみこみやすくなります
     P1000685.JPG P1000686.JPG 

  4.大きめの鍋に筍が完全に浸るようにたっぷり水を入れる。
      ⇒水から茹でましょう。
  5.米ぬかひとにぎりと唐辛子1,2本入れて茹でる。
      ⇒米ぬかが無ければ、米のとぎ汁でも代用できます。
       *米ぬかがアクを吸着してくれるので、アク取りは不要。
      ⇒唐辛子が無ければ、一味などでも代用できます。
       *無くても良いですが、あると日持ちが良くなります。
     P1000688.JPG P1000689.JPG P1000690.JPG P1000691.JPG

 
      ☆筍が浮くので落とし蓋をすると良いです。
      ☆お湯が沸騰すると豪快に吹きこぼれます、ご注意ください!
       弱火にして、フタをずらしておきましょう。

  6.筍の根元の方に竹串がスーっと入るようになったら、火を止めます。
    (目安時間 30分くらい)
  7.そのまま2時間から4時間放置して、自然に冷まします。
      ⇒一晩置いておくと、よりえぐみが抜けます。
   
  8.切れ目から皮を剥いて、水洗いしたら出来上がり!
    下処理は完了です!! お料理に合わせてお使いください。
      201304130615000.jpg 201304130616000.jpg 201304130619000.jpg     


◎筍を使ったお料理◎
   たけのこご飯・お吸い物
   筑前煮・チンジャオロース・酢豚・天ぷら
   若竹煮・おかか煮・焼きたけのこ・酢味噌和え など      
   いずれも香りや食感を楽しんでいただくことが出来ます♪  

                   foodpic3401849.jpgのサムネイル画像
  筍は低カロリーで、食物繊維やビタミン類が多く含まれています
  排便コントロールはもちろん、カロリーコントロールにも活躍してくれそうです^-^

  春のおススメ食材「筍」!ぜひご家庭でもお試しくださいね♪


栄養科ブログも早いもので開設して1年が経ちました。
この1年、試行錯誤をしながら取り組んでまいりましたが、少しでも皆様のお役に立てましたでしょうか?行事食のご紹介が多く、入院食レシピをあまりご紹介できなかったと反省しています。
今後も患者様の食生活改善や痔疾患・大腸疾患の改善にお役立ていただける情報の提供を目指していきたいと思っています!これからも宜しくお願い致します(*^_^*)

皆様からのご意見やご感想もどんどんお寄せ下さい!お待ちしております!!



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

4月の行事食 春のお花見弁当

| コメント(0)
新緑がきらきらと綺麗な季節となりました。散歩をするにもとても良い時期ですね。新生活をスタートさせた皆様はいかがお過ごしでしょうか?


今月の行事食は、4/4の昼食に『春のお花見弁当』をご用意しました♪


  A食 : 和風ハンバーグ        B食 : サワラの竜田揚げ
 エネルギー667kcal 食物繊維7.6g 塩分2.3g     エネルギー685kcal 食物繊維7.8g 塩分2.1g

P1010187.JPG
P1010192.JPG













共通メニュー : 桜おこわ ・ 筍とフキの炊き合わせ ・ 新じゃがの素揚げ ・ 煮豆
         菜の花の辛子醤油和え ・ アスパラガスのラビゴットソースがけ ・ フルーツ


20品目以上の食材を使用し、1日に必要な食物繊維量の3分の1以上を摂ることが出来ます。

見た目にも季節を感じて頂けるように、サワラ・新じゃが・筍・フキ・
菜の花・アスパラガスなど、春に旬を迎える食材を豊富に取り揃えたお献立にしました!


その中でも 「新じゃが」はこの季節にしか食べられない食材の1つです。

≪新じゃがの特徴≫
・春に収穫するじゃが芋で皮が柔らかく、丸ごと食べる事ができる
・水分が多くみずみずしい
・ビタミンCやカリウムを多く含む


皮ごと食べられるため、通常のじゃが芋に比べ、より多くの食物繊維を摂取する事が出来ます。丸のまま肉じゃがに入れたり、ジャーマンポテトやじゃがバターにしてもいいですね。そのまま素揚げにして塩やパセリを振るだけでも美味しいですよ(*^_^*)


これから旬を迎える新ごぼうも、通常のごぼうに比べて柔らかいため、皮付きのまま食べる事が出来ます。金平ごぼうや柳川風煮・かき揚げ・ごぼうサラダなどで食べるのがおススメです。新玉ねぎや春キャベツなども、この時期限定の『春の味覚』ですね。



新年度を迎えると、環境の変化によるストレスや不規則な生活で排便コントロールも乱れやすくなりがちです。
今が旬の春野菜を取り入れたバランスのよい食事で腸内環境を整えましょう(*^_^*)

もちろん水分補給もお忘れなく!



○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

   来月の行事食

           5月5日   端午の節句 


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●






2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このアーカイブについて

このページには、2013年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

著者のプロフィール

松島病院 5.12