5月16日から5月22日:献立表〔常食〕

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

下記の日付をクリックしてください。常食の献立表をご覧いただけます。

2022.5.16-5.22.pdf

治療食は一部メニューが変更になります。ご了承ください。

《 今週のおすすめレシピ 》

ほうれん草.png

梅雨の走りような天気が続き、湿気が気になる季節になりましたね。今週はほうれん草を使ったレシピを紹介します!

ほうれん草には、髪や目・皮膚の健康維持に役立つβ-カロテン、骨の形成に役立つカルシウム・マグネシウム、貧血を予防する鉄分、肌のシミ、たるみを解消するビタミンC、血圧を正常に保つカリウム、便秘を予防する食物繊維などが含まれ、栄養豊富な緑黄色野菜です。

ほうれん草に含まれる鉄分は、肉・魚に含まれる鉄分より吸収されにくいですが、ビタミンCやたんぱく質と一緒に摂ると吸収率を高めることができます。また、ビタミンCやカリウム・鉄分は水に溶けやすいため、調理方法に工夫が必要です。茹でた後水にさらしすぎないようにしたり、電子レンジで短時間加熱するなどして栄養の損失を抑えることができます!

今回紹介する大徳寺なますは、たんぱく源の卵と一緒に摂れるので鉄分が不足しがちな女性におすすめです!調理方法を工夫して、ほうれん草の栄養を逃さず摂りましょう(^^)

〔 大徳寺なます 〕

なます?.jpg

材料(2人分) (一人分の食物繊維 2.3g)

ほうれん草 100g、 人参 10g、 しいたけ 20g

〔錦糸卵〕卵 1個、 油 適量  

〔合わせ調味料〕砂糖 4g(小さじ1強)、 酢 14g(大さじ1弱)、 醤油 6g(小さじ1)

作り方

1.ほうれん草は食べやすい大きさに、人参は千切り、しいたけは薄切りスライスする。

2.鍋で人参を茹で軟らかくなったら、ほうれん草・しいたけを加えてさらに1分程茹でる。ザルにあげ水気を切ったら冷ます。

3.卵を溶いたらフライパンで薄焼き卵を作る。粗熱をとり細切りして錦糸卵を作る。

4.合わせ調味料と2を和える。

5.4をお皿に盛ったら錦糸卵を上にのせる。

masking_tape6.png