1月17日から1月23日:献立表〔常食〕

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

下記の日付をクリックしてください。常食の献立表をご覧いただけます。

2022.1.17-1.23.pdf

治療食は一部メニューが変更になります。ご了承ください。

.

《 今週のおすすめレシピ 》

ふゆ.png

今週はさつまいもを使ったサラダを紹介します!

さつまいもといえば秋のイメージがありますが、収穫して2、3か月ほど貯蔵すると水分が抜け甘みが増すため、おいしく食べられるのは10月から1月頃といわれています!「食物繊維」だけでなく、抗酸化作用をもつ「ビタミンC」や「ビタミンE」、余分な塩分の排出を助ける「カリウム」などの栄養素を含みます。さつまいもを切ったときに断面から出る白色の液体「ヤラピン」は、腸内のビフィズス菌のはたらきを活性化する効果があり、「食物繊維」との相乗効果が期待できます!一つ注意点は糖質も高いので、摂取量は1食に1/3本程度を目安にしてくださいいろいろな品種のさつまいもで試してみましょう♪

〔 さつまいもサラダ 〕

さつまいもサラダ.JPG

材料(2人分) (一人分の食物繊維 1.7g)

さつまいも 100g、 玉ねぎ 20g、 レーズン 6g、 レタス 10g(お好みで)、 フレンチドレッシング 15g(大さじ1)、 マヨネーズ 4g(小さじ1)

作り方

1.さつまいもは皮をむき角切りにし水にさらす。玉ねぎはスライス、レタスは食べやすい大きさにちぎる。

※さつまいもは皮付きでもOK!食物繊維をより多く摂ることができます。

2.さつまいもの水気を切り、耐熱皿に載せラップをして電子レンジで600w3分加熱する。

3.さつまいもの荒熱がとれたらキッチンペーパーで水気を拭き取り、玉ねぎ、レーズンと合わせる。

4.フレンチドレッシングとマヨネーズを合わせたら、3に加え混ぜ合わせる。

5.お皿にレタスを敷き4を盛り付ける。

line_wintercrystal.png

排便コントロールには食物繊維をしっかり摂ることが大切です。野菜だけでなく、海藻、豆類、きのこ類、雑穀類、果物などにも含まれるので意識して摂り入れていきましょう。さつまいもに多く含まれる不溶性食物繊維は、水分を吸収して便量を増やし排便を促す働きがあるので、水分もしっかり摂る必要があります。水や麦茶などカフェインを含まない飲料を1.5リットル、こまめに飲む習慣をつけましょう!

さつまいもを使ったレシピはこちらも参考にご覧ください♪