2015年4月アーカイブ

春を美味しく食べましょう♪

| コメント(0)
【 入院食のご紹介・便秘解消など排便コントロールのお役立てレシピ 】

member1.jpgみなさん、こんにちは!
日中はだいぶ暖かくなりましたが、いかがお過ごしでしょうか?当院のある横浜は連日の雨で、あまりの寒さに冬のコートを出しました!

新生活を始めた方もいらっしゃいますね^^!!季節の変わり目は体調を崩しやすく、生活環境が変わるストレスが腸の動きに影響することもあります。
おススメは、やはり『栄養補給』『水分補給』『休養』。いま一度見直してみましょう!



来る 5月5日は「端午の節句」、こどもの日です。当院でも行事食を予定しています。
「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日」とされています。今では、こどもの成長のお祝いがメインとなっていることが多く、お母さんへの感謝の意味も込められていたとは、ちょっと驚きました^^


写真は昨年の行事食です。「筍ご飯」「柏餅」をご用意しました。詳しくはこちらから。
 P1020099.JPG P1020102.JPG

「筍」は春が旬の野菜で、すくすくと成長するという意味を込めています。
「柏餅」は、柏の木が 新しい芽が出るまで古い葉を落とさない という特徴から、子孫が途絶えない縁起物...として取り入れています。


そこで、今年は生の筍をご家庭で召し上がってみませんか?
面倒に思える下ごしらえも、やってみると簡単です!ぜひご覧ください♪


≪ 筍の下処理 ≫
 1.筍の上部を斜めに切る。
 2.竹皮に縦に切れ目を入れる。⇒1/3から半分程度包丁を入れます。
 3.切り口をやや広げる。
   ⇒切り口が閉じにくくなり、ゆで汁が染みこみやすくなります。
  P1000683.JPGのサムネイル画像 P1000685.JPG P1000686.JPG

 4.大きめの鍋に筍が完全に浸るようにたっぷり水を入れる。
   ⇒水から茹でましょう。

 5.米ぬかひとにぎり・唐辛子1,2本を入れて茹でる。
   ⇒米ぬかが無ければ、米のとぎ汁でもOK。
    (米ぬかがアクを吸着してくれるのでアク取りは不要)
   ⇒唐辛子が無ければ、一味などでもOK。
    (無くても良いですが、入れると日持ちが良くなります)
  P1000688.JPG P1000689.JPG P1000690.JPGのサムネイル画像 P1000691.JPGのサムネイル画像

   ☆筍が浮くので落とし蓋をすると良いです。
   ☆お湯が沸騰すると豪快に吹きこぼれます!ご注意ください!!弱火にして蓋をズラシテおきましょう。

 6.筍の根元の方に竹串がスッと入るようになったら、火を止めます(目安30分)。
 7.そのまま2時間から4時間放置して、自然に冷まします。
   ⇒一晩置いておくと、よりえぐみが抜けます。
 8.切れ目から皮を剥いて、水洗いしたら出来上がり♪
  201304130615000.jpgのサムネイル画像 201304130616000.jpg 201304130619000.jpg

   ☆下処理は完成です!お料理に合わせてお使いください!!
   ☆献立例☆
     筍ご飯・パスタ料理・煮物(若竹煮)・チンジャオロース・春巻・酢味噌和え など




先日、フジテレビの「とくダネ」という番組の特集で、有名シェフや大学病院の栄養科と並んで「松島病院の入院食」を取り上げていただきました。これからも治療効果があり、退院後の参考にしていただけるメニュー開発や食事提供に努めてまいります。ご意見がありましたら是非お寄せください♪




○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


          来月の行事食

              5月5日  端午の節句

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

4月の行事食 お花見弁当

| コメント(0)
皆様、こんにちは!

当院のある横浜では桜も満開となり、春も本番を迎えたようです。
桜には200を超える品種があるそうですよ♪

近頃では海外からの観光客が桜の時期に合わせていらっしゃることも多いそうで、
桜の人気が国内だけのものではなくなって来ているというのは嬉しい事です。

DSC_3196.jpg


さて、当院では去る4月2日の昼食でお花見弁当をご用意しました。

【 お花見弁当 】

A食:鶏肉の生姜焼             B食:赤魚の塩麹焼
エネルギー625kcal 食物繊維8.6g 塩分2.5g   エネルギー591kcal 食物繊維8.6g 塩分2.4g
P1030080.JPG          P1030082.JPG


共通メニュー:筍ご飯・南瓜サラダ・ふきみそ炒め・塩昆布和え・ポン酢和え・ブラマンジェ

筍やふきなどの春野菜、山菜に含まれるほろ苦さやえぐ味には、冬の間に溜まった老廃物を排出する働きがあります。
食物繊維も豊富に含まれているので、ぜひ旬のうちに積極的に取り入れましょう♪

そして、忘れてはいけないのが水分補給ですね!
徐々に気温も高くなり、汗をかく事も増えてきたのではないでしょうか?
水・麦茶などカフェインを含まない飲み物から、一日1.0~1.5リットルの水分補給を続けていきましょう。

≪カフェインの少ない(含まない)飲み物≫
水・麦茶・ほうじ茶・黒豆茶・そば茶・杜仲茶・ゴーヤ茶・タンポポ茶・ルイボスティーなど


来る5月5日はこどもの日です♪
古来は『端午の節句』として男の子の健やかな成長を祝う日でしたが、今では『こどもの日』として広く親しまれるようになりました。
お祝いの食事を召し上がる予定のご家庭も多いのではないでしょうか?
昨年当院でご用意した行事食をご紹介します!

≪鮭の味噌漬け焼き≫          ≪鶏肉の南部焼き≫
P1020099.JPG       P1020102.JPG

共通メニュー:筍ご飯・沢煮椀・柏餅

こどもの日に柏餅を食べる由来をご存じですか?
柏の木は神聖な木と考えられており、厳しい冬を乗り越えて、次の新芽が出るまで葉が落ちないという特性があります。
このことから、「子孫繁栄」の意味が込められるようになったそうです。

ちなみに、柏餅は葉を見れば中身のあんの味がわかります。
  つるつるした葉の表が外側になるように巻いてあるのが⇒小豆あん
  ざらついた葉の裏が外側になるように巻いてあるのが   ⇒味噌あん    


年中行事にはそれぞれ由来や意味が込められているので、それを考えながら過ごすのも楽しいですね♪





2015年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このアーカイブについて

このページには、2015年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年3月です。

次のアーカイブは2015年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

著者のプロフィール

松島病院 5.12