2013年3月アーカイブ

春の行楽弁当

| コメント(0)
皆さま、こんにちは!

季節はすっかり春を迎えましたね。
当院のある横浜・三溪園でも、昨日 桜の開花が発表されました(*^_^*)

長く桜を楽しみたいので、昨日のような強風がふかないといいですね。


桜と言えば、お花見の計画を立てている方もいらっしゃるのではないのでしょうか?
お花見と言えば、お弁当が楽しみの一つです!
当院では4/4(木)に『お花見弁当』と題しまして、お弁当箱を用いたお食事をご用意する
予定です。


2012_04_05_1.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像
2012_04_05_2.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像







 

 


写真は昨年の『お花見弁当』です。
黒米を加えたご飯で桜のピンク色を表現しました!(ちょっと色が濃くなってしまったのはご愛嬌ということで)

煮物や付け合せの野菜を花の形に型抜きすることで、お弁当箱全体が華やかに仕上がりました!
お献立の内容や黒米についてなど、詳しくはこちらをご覧ください。


横浜周辺では今週末には桜が見ごろを迎えるようです。
花粉が猛威を振い花粉症の方々にはまだまだ辛い時期ですが、マスクとメガネをして季節の野菜をたくさん入れたお弁当を持って、お花見に出かけてみてはいかがでしょうか?


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

花粉症の予防にヨーグルトがいい!という話を耳にされたこともあると思います。
「ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内環境を整え免疫力をアップさせる」ため、そのように
言われています。ヨーグルトは排便をコントロールするだけではないんですよ!

ですが、気の向いたときにたまーに食べるのでは効果は期待できません。
せっかく取り入れた乳酸菌も毎日の排便でどんどん排泄されてしまうんです!!





P1010162.JPG
☆ ヨーグルトの効果的な食べ方 ☆

1.  毎日食べる。
  毎日食べるにはカロリーが気になるわ...という方には
  低脂肪や無脂肪のタイプがおススメです!
  (1日あたり100g程度が目安量です。)
   
2.  オリゴ糖を含む食品と一緒に食べる。
  市販のオリゴ糖シロップもありますが、オリゴ糖を
  多く含んでいる食品もあります。
  バナナ・きな粉・はちみつなどはオリゴ糖を多く含む食品の1つです。
    ヨーグルトと一緒に食べましょう♪

3.  最低でも2週間は同じメーカーのヨーグルトを食べてみる。
  メーカーごとに使用している乳酸菌が異なります。
    実は、私たちの腸にいる腸内細菌も人それぞれ種類や数が違うのです。
  2週間続けてみても排便コントロールが整わない場合は他のものに変えてみましょう。
  自分の体に合うヨーグルトを見つける事が大切です。


残念ながら即効性があるものではないので、今から「毎日ヨーグルトを食べる」事を
習慣にし、免疫力を高めて来年の春を迎えましょう(*^_^*)!

もちろん、ヨーグルトだけを食べていれば良いというわけではありません。
動物性たんぱく質(特に脂身の多い肉類)の摂りすぎやお酒の飲みすぎは、花粉症の
アレルギー症状を引き起こしやすくします!
「昔ながらの和食」で「大豆製品や魚料理を中心とした食事」を心掛けましょう♪

基本は『規則正しく・バランスの良い食事』であることをお忘れなく!



お酒のおつまみになるものは味付が濃く脂っこいものが多い為、飲酒量が
増えてしまいます。飲みすぎは花粉症だけでなくお尻にも良くありません。
お花見では羽目を外して飲みすぎてしまわないように気を付けてくださいね(*^_^*)





3月の行事食 ひなまつり

| コメント(0)
皆さん、こんにちは。
今日は二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」です。
暦の上では、「冬眠していた虫が春の訪れを感じて地上にはい出るころ」と言われています。
日中は暖かく、春を感じる事も多くなりましたね。

しかし三寒四温!! 油断できない寒い日もありますので、体調を崩されないようにしてください!!


ご卒業・ご進学・ご就職を迎えられる皆さま、おめでとうございます♪
環境の変化は、知らず知らずのうちにストレスとなっていることがあります。規則正しい
食生活と十分な睡眠をとるよう心がけましょう。
また、便秘予防のために水分補給も忘れずに!!



さて、先日3/3は「桃の節句」 ひなまつりでした
皆さまはどのように過ごされましたか?

当院では昼食に『ちらし寿司』をご用意いたしました!
昨年とは少々趣向を変えて提供させていただきましたので、ご紹介いたします。


A食 : 手作りしゅうまい          B食 : 鶏肉の梅肉焼き
エネルギー812kcal 食物繊維7.1g 塩分4.1g  エネルギー760kcal 食物繊維6.5g 塩分4.0g

P1010038.JPG
P1010046.JPG

共通メニュー : 五目ちらし ・ ハマグリと菜の花のうしお汁 ・ 桜もち


ちらし寿司のような味付けご飯や炊きこみご飯などは思っている以上に塩分が多い料理です。
塩分制限の方には「うしお汁」を「菜の花の辛し和え」に替えてご提供しました。
(1.5gの減塩になります)

菜の花・スナップえんどう・たらの芽・ふきなど美味しい春野菜が出回っています。
季節の食材は美味しいだけでなく栄養価も高くなります。
お浸しやサラダ・天ぷらなどお好みのお料理で、食卓からも春を感じてみませんか(^。^)







2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このアーカイブについて

このページには、2013年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年2月です。

次のアーカイブは2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

著者のプロフィール

松島病院 5.12