2013年2月アーカイブ

3月行事食のご紹介 ひなまつりを楽しもう♪

| コメント(0)
厳しい寒さが続いていますね・・・体調をくずされていませんか?
当院のある横浜では、昨日は驚くほどの雪が降りました!!

室内に閉じこもりがちですが、お部屋の中はかなり乾燥しています。
水分補給をこまめにしましょう!

水分補給も大切ですが、実はそれだけでは不十分。栄養補給も必要です。

まずは、一日3食しっかりと食べる事が基本です。
『主食』+『主菜(肉・魚・卵・大豆製品)』+『野菜』がそろっていると、バランスの
良い食事になります。

小鉢や具だくさんな汁物1品で約60gの野菜が摂れます。
これらのおかずを3食の中6回そろえると、一日の目標量とされる350gの野菜摂取が
できることになります。
毎食2品の野菜料理を取り入れましょう!!

P1000539.JPG

早いもので、もう2月も半ばを過ぎました。
つい先日年が明けたと思っていたら、あっという間にもうすぐ
ひなまつり^0^
おひな様を飾られた方もおられますよね!?

3月3日ひなまつりのご予定はいかがですか?
ちらし寿司や巻き寿司・手まり寿司・うしお汁・・・ひなあられやひしもち・桜もちも楽しみですね♪


今日はちらし寿司をご紹介させて頂きます。
市販されているすし酢やちらし寿司の素を利用すると手軽に作れますが、今年は手作りして
みてはいかがでしょうか?
ぜひ参考にしてみてください!



≪ ちらし寿司 ≫

 材  料   (作りやすい量 約5人分)     <一人前あたりの食物繊維量 2.1g> 
    (酢 飯) 
      炊きたてのごはん・・・・・・・3合分
      酢・・・・・・・75g(大さじ5)
      砂糖・・・・・・40g(大さじ4+1/2)
      塩・・・・・・・4g(小さじ1弱)
2012_03_05_1.jpg

    (具:混ぜ込み用-A)
      鶏ひき肉・・・・100g
      かんぴょう・・・5g
      干ししいたけ・・5枚(約10g)
      醤油・・・・・・15g(大さじ1弱)
      砂糖・・・・・・5g(小さじ2弱)
      みりん・・・・・5g(小さじ1弱)
                                
                                                                           写真は昨年の行事食のものです。華やかにできました!
    (具:混ぜ込み用-B(人参甘煮))
      人参・・・・・・1/2本(約70g)
      砂糖・・・・・・3g(小さじ1)
 
                     
                                 
    (具:混ぜ込み用-C(酢ばす))
      れんこん・・・・8cmくらい(約100g)
      砂糖・・・・・・3g(小さじ1弱)
      酢・・・・・・・8g(小さじ1+1/2)
      塩・・・・・・・少々

    (具:飾り用)
      刻みのり・・・・適量
      桜でんぶ・・・・適量
      キヌサヤ・・・・・50g
        *塩ゆでして斜め切り
      錦糸卵・・・・・卵2個分
        *薄焼きしてせん切りに切っておきます
        *乾燥しないように、濡らしたふきんをかけておきましょう


 
 1. 野菜を切る
       かんぴょう →戻して1.5cmくらいの長さに切る *戻し方は袋の裏を参考にしてください
       干ししいたけ →戻していしづきを取り、せん切り
       人参 →細めの短冊切り
       れんこん →半月又はいちょうのスライス切り
               酢水に漬けておきましょう
 

 2. 具:混ぜ込み用A・B・Cそれぞれを調味料で煮る
       *煮汁が無くなるまで煮詰めたら、冷ましておきましょう

 3. 酢飯を作る
      ・調味料を全て混ぜておく (砂糖と塩をよく溶かしておく)
      ・炊きたてのごはんに調味料をまんべんなく混ぜる
        *うちわなどで仰ぎながら、ごはんを切るように混ぜると、余分な水分が蒸発して美味しく
          出来上がります!

 4. 酢飯と具:混ぜ込み用A・B・Cを混ぜる
       *かき混ぜすぎないように注意しましょう
 
 
 5. 器に盛り付けて飾ります
       刻みのり →桜でんぶ →錦糸卵 →キヌサヤ




煮あなごを入れたり、いくらやボイル海老を散らしたりしても豪華ですね。
穴の形に合わせてまわりを花びらの様に切ったれんこんを食紅でうっすらピンクにしても
ステキです!
ひと口サイズにラップに包んで、手まり寿司にしても良いですね^0^♪
 

具だくさんのちらし寿司ですが、食物繊維はあまり期待が出来ません。
 
一緒に菜の花のお浸しや具だくさんの汁物などを組み合わせてはいかがでしょうか?
白いごはんを『麦ごはん』に替えたり、白炒りごまを混ぜても手軽に美味しく食物繊維が
アップできます。
 
市販のフライ盛合せにも一手間かけて茹でたアスパラやブロッコリー・スナップえんどう
などを添えるのもいいですね(*^_^*)
 
旬の野菜を取り入れて、食物繊維だけでなくビタミン・ミネラルを補給し、健康管理に
努めましょう!

2月の行事食 節分

| コメント(0)
寒さ厳しい日が続いておりますが、体調をくずされていませんか?
明日(2/6)は、関西から東北まで幅広い地域で大雪との予報が出ています。外出時は足元にお気を付け下さい!!


先日2/3の節分は、どのように過ごされましたか?
恵方巻きを召し上がった方、豆まきをされた方(鬼役の方は大変でしたね・・・)、きっと、神社やお寺で行われる豆まきに参加された方もいらっしゃいますね!
近隣の神社でも大きな袋を持った子供達でにぎわっていました!


当院では、夕食に節分の行事食をご用意させていただきました。


  A食 : カジキマグロの塩焼き           B食 : 鶏肉の照焼き
  エネルギー630kcal 食物繊維9.5g 塩分3.2g        エネルギー709kcal 食物繊維9.5g 塩分3.4g

   foodpic3127461.jpgのサムネイル画像                               foodpic3127464.jpgのサムネイル画像


共通メニュー : 五穀ごはん・かぶの冷しあんかけ・生姜和え・いわしつみれ汁・節分福豆


五穀ごはんを取り入れることで、おなじご飯茶碗1杯でも食物繊維を増やすことが出来ます。
つみれ汁はいわしつみれだけでなく、ごぼうや大根を入れることでボリュームも食物繊維も増えました!


手作りの『 いわしつみれ汁』 をご紹介します!!


【 いわしつみれ汁 】
 材   料   (作りやすい量 5人分)     《 一人前あたり 約105kcal  食物繊維 1.8g 》 
   (いわしつみれ)  
foodpic3127469.jpg
     まいわしすりみ・・150g
     長ねぎ・・・・・・5cmくらい(約50g)
     おろし生姜・・・・5g(小さじ1)
     塩・・・・・・・・少々
     料理酒・・・・・・5g(小さじ1)
     片栗粉・・・・・・15g(大さじ2弱) 
       *固くなりすぎないように調整してください
   (具・調味料)
     ごぼう・・・・・・1本(約150g)
     大根・・・・・・・10cmくらい(約150g)
     人参・・・・・・・1/4本(約50g)
     塩・・・・・・・・2.5g(小さじ1/2)
     醤油・・・・・・・15g(大さじ1弱)
     料理酒・・・・・・5g(小さじ1)
     だし汁・・・・・・900ml
     水溶き片栗粉・・・片栗粉を同量の水で溶いたものを小さじ2      
     万ねぎ・・・・・・少々


 作 り 方  
     1. 野菜を切る
          *長ねぎ →みじん切り
          *ごぼう →ささがき 又は 縦半分に切ってから斜めに小口切り
          *大根・人参 →いちょう切り
          *万ねぎ →小口切り

     2. いわしつみれを作る
          *いわしすりみ・長ネギ・おろし生姜・調味料を全部混ぜる

     3. ごぼう・大根・人参をだし汁で煮る
     
     4. 野菜が柔らかくなったら、いわしつみれを食べやすい大きさに丸めて、3の鍋に入れて煮る

     5. 調味料を加えて味を整え、水溶き片栗粉でとろみをつける

     4. 器に盛り付けて、万ねぎを飾る

 
☆つみれに生姜や長ネギをたっぷり入れると青魚の臭みが和らぎます。お子様には、
    味噌を混ぜていわしハンバーグやお鍋に入れてもいいですね!
    ごぼうやレンコンのみじん切りを入れると、食感が良くなりさらに食物繊維もUPします!!

  いわしはDHAやカルシウムを豊富に含みます。
   丸干しや煮干し・しらす干しなどいろいろな料理法で召し上がってみてはいかがでしょう
    

      

2/4に立春を迎え、暦の上では『春』です^o^
春のあしおとが聞こえてきましたね!
花粉の方にはお悩みの季節でしょうか・・・
花粉症にはヨーグルトが良い」などとも言われますが、ヨーグルトだけでなく、納豆や味噌・麹などの発酵食品や野菜やきのこなどの食物繊維を取り入れて、腸内環境を整えることも大事です。腸から元気に免疫力アップ!ぜひ心掛けていきましょう!!



○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○○●○●○●○●○●○●


      P1010019.JPG  
   
   来月の行事食
        
        3月3日  ひなまつり
        3月20日 春分の日           


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○○●○●○●○●○●○●






2013年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このアーカイブについて

このページには、2013年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年1月です。

次のアーカイブは2013年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

著者のプロフィール

松島病院 5.12