2013年1月アーカイブ

横浜市長との"ぬくもりトーク"に参加してきました♪

| コメント(0)
皆さん、こんにちは!
日中は暖かい日もありますが、朝晩はまだまだ寒さが厳しいですね。いかがお過ごしですか?
空気が乾燥しています・・・ウイルスは乾燥している状態で増えますので、インフルエンザに要注意です!!
手洗い・うがいはもちろんの事、部屋の換気も忘れずに!

ウイルスに負けない身体を作るためにも、「主食+肉や魚・豆腐・卵などのおかず+野菜のおかず」を揃えたバランスのよい食事を心がけましょう。水分もこまめに補給してくださいね。



当院栄養科は、西区栄養士研究会に参加しています。
この栄養士研究会は、横浜市西区の病院や施設・幼稚園などに勤務する栄養士が集い、情報交換や施設見学・工場見学などの研修のほか、西区民の食育を推進する『西区食育推進会議 ※1 』などで活動をしています。


この 『西区食育推進会議』が、林文子横浜市長との「ぬくもりトーク ※2 」に選出され、去る1月21日 西区総合庁舎3階にて開催されました。
当院栄養士を含めた15名のメンバーが各々の活動報告を行い、また、栄養士研究会からは、区民まつりでの取組みなどを報告しました。当日は報道関係者も入り、少し緊張した雰囲気でスタートしましたが、終始和やかに進み、市長との有意義な時間を過ごすことが出来たと思います。



≪ 区民まつりでの取組み ≫

栄養士研究会では、西区食育推進会議で小中学校の先生や地域の方々から 「箸を正しく持てない人が多い(子どもだけでなく大人も)!」 との意見を聞き、区民まつりで正しい箸の持ち方を広める食育活動を行なっています。


豆おくりゲームを開催し、小さなお子さんからご高齢の方まで
幅広い年齢層の皆様にご参加いただきました!

P1000427.JPG
客観的に観察してみると・・・正しく箸を持てている方は7割くらいでしょうか・・・。そんなに多くないですね。

豆はつまめるけど、箸を正しく持てていない という方も多く見受けられました。
また、お父さんお母さんが箸を正しく持てないと、お子さんも箸を正しく持てていない、との印象を受けました。


皆さまはいかがですか?



食育!というと、子供の食習慣に関心が寄せられがちですが、大人にも生活習慣病や
痔核・大腸疾患の予防改善のために食育が必要です。(栄養科ブログを参考にして下さいね)

食事に感謝すること・食事マナーを守ること なども大切な食育だと思います。
季節の行事食を楽しむことも食育の一つです。栄養科ブログでも毎月の行事食をご紹介しているので、参考にしてくださるとうれしいです!!
ご家庭でも楽しみながら食育を取り入れてみてはいかがですか(*^_^*)


foodpic3112780.jpg
foodpic3112787.jpg




※1 『西区食育推進会議』とは、西区民の食育を啓発推進する目的で平成21年に設置。
   幼稚園・保育園・小中学校・地域ボランティア団体・事業者など29団体が参加し、朝ごはん応援BOOKの作成や
   食育出前講座の実施・食育研修会など様々な食育活動を行っています。


※2 「ぬくもりトーク」とは、横浜市長が地域で活躍している団体やグループの活動報告を受け、意見交換を行う横浜市の
   事業の一つです。






【 根菜類をたくさん食べよう! 】

| コメント(0)
【 入院食のご紹介・便秘解消など排便コントロールのお役立てレシピ 】 


寒さ厳しい日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

外が寒いと温かいものを食べたくなりますね!!
「お鍋にしよう♪」「煮込みにしよう♪」という機会も増えるのではないでしょうか?

当院では冬献立として『牛スジの煮込み』や『タラちり鍋風』 『味噌煮込み鍋風』など、
ご家庭でも召し上がっているお料理を取り入れております。


今日は 『牛スジの煮込み』 をご紹介させて頂きます! 




  ≪ 牛スジの煮込み ≫

 材料 (約10人分)     一人あたりの栄養価 : エネルギー 123kcal 塩分 1.5g 食物繊維 2.1g 
     牛スジ・・・・・500g                                                     
foodpic3082583.jpg
     ごぼう・・・・・1本(約150g) 
     大根・・・・・・20cmくらい(約250g) 
     人参・・・・・・1/2本(約100g) 
     こんにゃく・・・1枚(約200g) 
     長ねぎ・・・・・1本(約100g) 
     醤油・・・・・・90g(大さじ5) 
     砂糖・・・・・・35g(大さじ4) 
     料理酒・・・・・35g(大さじ2) 

  作り方  
     1.牛スジを下茹でする 
        *鍋で30分くらい (圧力鍋で5分くらい) 

     2.茹でた牛スジを水で洗ってから、食べやすい大きさに切る

     3.野菜を切る
         *ごぼう → 泥をキレイに洗って、少し斜めの小口切り(水にさらしておきましょう)
         *大根・人参 → 厚めのいちょう切り
         *こんにゃく → 短冊切り 又は 手で小さくちぎる
         *長ねぎ →小口切り 

     4.長ねぎ以外の全ての材料と調味料を鍋に入れて煮る 
        *鍋で1時間くらい (圧力鍋で15分くらい)
 
     5.長ねぎを入れて、ひと煮たちさせる




根菜類をたくさん入れて、食物繊維たっぷりです!
ごぼうは便秘解消に役立つ印象が強いですが、水をかかえて水様便の改善を助ける水溶性食物繊維も多く含んでいます。
排便コントロールに大活躍の野菜です。 

野菜を食べるだけでは、排便コントロールはうまくいきません。
食物繊維は水分を利用して有効的に働きます。 ノンカフェインの水分補給も忘れずに!!




1月の行事食 七草

| コメント(0)
年明けから、厳しい寒さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
手洗い・うがい、そしてマスクを取り入れて、引き続き、風邪予防・感染予防を心がけましょう!



今日は1/7、七草です。
今朝、七草粥を召し上がった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
当院でも、朝食に五穀入り七草粥をご用意させていただきました。


『せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ』

いずれも前年に芽吹き、緑の葉をつけて年を越す、越年草です。
厳しい冬をたくましく育つ若菜の英気をいただき、無病息災を願う・・・

という、意味が込められています。


また、おせち料理で疲れた胃を休め、不足しがちな栄養を補う効能がある・・・とされています。


「今朝、食べなかった」という方も、七草粥や七草入りの清まし汁などをお夕食に取り入れてはいかがですか?



   ≪ 五穀入り七草粥・薬味盛合せ・果物 ≫
    エネルギー 592kcal  食物繊維 4.9g  塩分 2.7g

     P1000984.JPGのサムネイル画像


薬味盛合せ:厚焼き玉子・鮭塩焼き・しらすおろし・減塩梅干し・ほうれん草お浸し


【 五穀入り七草粥 】
 材 料    (作りやすい量 5人分)     《 1人前あたり 約291kcal  食物繊維約1.8g 》  
      米・・・・・2合
      五穀米・・・50g(スティックタイプ25g入り2本分)
      だし汁・・・米の6倍
      大根・・・・100g(約5cm)
      かぶ・・・・100g(約2個分)
      なずななどの七草・・・適量
      塩・・・・・2.5g(小さじ1/2)
      白ごま・・・10g(小さじ1)


1.洗った米を、五穀米・だし汁と一緒に鍋に入れて強火にかける。
2.大根・かぶ・七草を食べやすい大きさに切っておく。
3.沸騰したら、弱めの中火にして20分ほど炊く。
4.大根・かぶを入れて、10分ほど炊く。
5.お粥が炊けたら、残りの七草と塩を入れてひと混ぜし、フタをして蒸らしておく。
6.器に盛り付けて、白ごまをかけてできあがりです。


*お好みで梅干しやかつお節などを入れて、お召し上がりください。



お米だけで作る場合と五穀米を入れて作る場合を比べると、食物繊維が0.5g増えます。
ぜひ、取り入れて頂きたい方法のひとつです!!




○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


       今月の行事食

          1月11日 鏡開き


       来月の行事食

          2月3日  節分


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○



      
      
 

1月の行事食 正月

| コメント(0)
暦の上では小寒を迎え、寒さも本番を迎えました。
朝夕の冷え込みが厳しいですが、体調を崩さないようにしたいですね。


皆さまは年末年始をどのように過ごされましたか?

クリスマスパーティーや新年会・忘年会に参加された方もたくさんいらっしゃると思います。
こたつに入ってみかんやお菓子を食べながら一家団欒の時間を過ごされた方もいらっしゃるかもしれませんね(*^_^*)





お正月に食べるおせち料理は日持ちがするように味付けが塩辛く・甘く作られています。
自分では気が付かないうちに、意外とたくさんの塩分・糖分を摂ってしまっているかもしれません...。


年末年始で乱れてしまった食生活や体をリセットするためにも、野菜や海藻・キノコ類を積極的に摂り、規則正しい
食生活に戻しましょう。
油を控えた調理方法で薄味に!を心掛けることもお忘れなく☆

お浸し・酢の物・具沢山の汁物・あっさり和風の鍋料理などで食べるのがおススメです。
電子レンジや蒸し器などを利用し、手軽に温野菜サラダなどもいいですね!


野菜や海藻に多く含まれるカリウムには、摂りすぎてしまった塩分を体の外に排泄してくれる働きもあります。
寒い日が続くと自宅に閉じこもりがちになりますが、天気の良い日には外に出て体を動かすことも大切ですよ!



当院では大晦日から正月三が日に「年末年始特別メニュー」をご用意しました。
 

   ≪ 元日 朝食 ≫          ≪ 2日 朝食 ≫         ≪ 3日 朝食 ≫
 

IMG_2701.JPG   IMG_2728.JPG   IMG_2760.JPG




   ≪ 元日 昼食 ≫


IMG_2711.JPG




   ≪ 元日 夕食 ≫
ゆかりご飯 ・ 松風焼 ・ えび茶巾の煮物 ・ 青菜の酢の物 ・ フルーツ
 エネルギー650kcal 食物繊維7.5g 塩分2.0g 
                   
IMG_2716.JPG



お正月メニューも食物繊維を多く含む食事になるよう様々な工夫をしています。
  ・松風焼の表面に白ゴマをたっぷりかける。
  ・えび茶巾の煮物に結び昆布をいれる。
  ・青菜の酢の物に人参とえのき茸をプラス。錦糸卵で彩りを添えました!





◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


毎年インフルエンザが流行する時期ですが、腸内環境を整えて免疫力をアップさせることも発症予防に繋がります。
乳酸菌を多く含む発酵食品(乳製品・味噌・漬物・麹など)を食事で摂ることも大切ですが、大腸善玉菌を増やす元となる水溶性の食物繊維を摂リ入れることも重要です。


     ◎ 水溶性食物繊維を多く含む食品
    果物・こんにゃく・ヌルヌルネバネバしたもの(オクラ・めかぶ・もずく・山芋・里芋 など)


もちろん帰宅後や食事前の手洗い・うがいは忘れずに!



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 
       今月の行事食

          1月7日  七草粥
          1月11日 鏡開き


       来月の行事食
        
          2月3日  節分


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


明けましておめでとうございます♪

| コメント(0)
新年 明けましておめでとうございます

本年も食事レシピ・行事食レシピなど たくさん更新して参りたいと思います。
どうぞ よろしくお願い申し上げます!




当院では、大晦日から正月三が日に「年末年始特別メニュー」と題しまして、行事食をご用意しております。
お正月メニューも食物繊維を多く含むお食事になるよう、様々な工夫をしています(^。^)



   ≪ 元日 朝食 ≫         ≪ 元日 昼食 ≫           ≪ 元日 夕食 ≫

P1000189.JPG  P1000191.JPG  P1000192.JPG

 
 年末年始は食物繊維が不足しがちです。
 皆さまもぜひ、野菜や海藻類・きのこなどを取り入れて、排便習慣が乱れないようにご注意ください。

 ☆ お雑煮を具だくさんにする
 ☆ 煮物で根菜類やこんにゃく類を取り入れる
 ☆ 野菜や海藻などを使った、小鉢を取り入れる  など



                             平成25年1月吉日  松島病院 栄養科一同






2013年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

このアーカイブについて

このページには、2013年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年12月です。

次のアーカイブは2013年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

著者のプロフィール

松島病院 5.12