2012年8月アーカイブ

8月の行事食

| コメント(0)

 残暑お見舞い申し上げます  

まだまだ暑い日が続きますが、夏バテしていませんか?
今月の行事食は暑い日でも食物繊維がたっぷり摂れるメニューをご用意しました。


    A食 : 具たくさん冷やし中華          B食 : バーベキュー風焼肉 ・ ごぼう炒煮

 エネルギー574kcal  食物繊維8.3g  塩分2.3g      エネルギー640kcal  食物繊維8.3g  塩分2.4g
 
 
IMG_2122.jpgIMG_2129.jpg               

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
共通メニュー : 枝豆とゆでトウモロコシ ・ フルーツみつ豆


そうめんなどさっぱりした食事ばかりでは栄養バランスが偏ってしまいます。
冷やし中華のようにハムや卵・野菜など 具たくさんにすると一品でも栄養バランスがよくなり、
夏バテ対策にもなりますよ。

今回の冷やし中華にはハム・きゅうり・えび・きくらげ・錦糸たまご・もやし・レタス(下に
敷いたので写真では見えませんが...)を使用しています。


バーベキュー風焼肉は「牛肉と赤ピーマン」「たまねぎ・しいたけ・ピーマン」をそれぞれ串に
刺して焼きました。ピーマンもビタミンCが多いので夏バテ予防におすすめです。


より良い排便のために食物繊維は一日20g必要です。今回のメニューでは一日に必要な
食物繊維量の
約1/3を摂る事ができます。
単品料理でも、できるだけバランスのよい食事を心がけて、夏バテ防止・便秘予防に
気をつけましょう。


 

夏バテ防止や夏バテ解消にはビタミンB1・B2、ビタミンC、クエン酸などが効果的です

【 ビタミンB1・B2 を多く含む食品 】
   豚肉(特にモモ肉やヒレ肉) ・ 枝豆 ・ 納豆 ・ 豆腐 ・ うなぎ  など

【 ビタミンCを多く含む食品 】
   枝豆 ・ トマト ・ かぼちゃ ・ ゴーヤ ・ グリーンアスパラガス など

【 クエン酸を多く含む食品 】
   お酢 ・ レモン ・ 梅干し ・ グレープフルーツ ・ ゆず など すっぱいもの


季節の野菜には夏バテ防止だけでなく、食物繊維が豊富で便秘予防にも効果的です。
しっかり食べて残暑を乗り切りましょう!!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 来月の行事食
       9月17日(月)  敬老の日
       9月22日(土)  秋分の日 (おはぎ)
       9月30日(日)  十五夜 (お月見団子)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





『う』の付くものを食べよう!

| コメント(0)

梅雨が明けてから、暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
今年の夏も熱中症が心配されます。水分補給とともにミネラル補給も取り入れましょう!!

 
先週金曜日27日は、夏の行事食のひとつとして知られている 『土用丑の日』 でした。
『 う 』の付くもの・・・お召し上がりになりましたか?

当院では昼食に 【 うなぎの蒲焼 】 をご用意させていただきました。

foodpic2580902.jpg○ ご飯
○ もずくスープ
○ うなぎの蒲焼
○ 冬瓜サラダ
○ フルーツ(本日はパイナップル)
○ 野菜ジュース


 
 
 
 
 
 
●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇
 
コラム ☆ 夏の土用 丑の日とは・・・?

土用とは、立春(2月4日頃)・立夏(5月5日頃)・立秋(8月7日頃)・立冬(11月7日頃)の前18日間をさし
その中の丑の日が「土用 丑の日」です。では「夏の土用 丑の日」 にウナギを食べるようになったのはなぜでしょう?
 
 
『 幕末の蘭学者、平賀源内がウナギ屋さんから夏場はウナギが売れないと相談されて、
 店頭に ≪ 本日、土用丑の日 ≫ と書いた紙を貼りだしたところ、大繁盛した・・・ 』
 
これがきっかけで、「夏の土用 丑の日」にウナギを食べる習慣が一般化したとされています。
土用丑の日には他に 土用しじみ、 土用もち、 土用たまご、などを食べる習慣もあり、
いずれも精の付くものとして取り入れられていたようです。
 
『 う 』 が付くものを食べると病気にならない、という言い伝えもあります。
『 ウナギ 』 以外にどんな食べ物があるでしょうか・・・?
 
うどん、梅干し、うり、うに、うし(牛肉) ・・・
みんなで考えても楽しいかもしれません(^0^)
 
●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

 
暑いと ついさっぱりした食事に偏りがちです。
ウナギは疲労回復に有効なビタミン類が豊富で、エネルギー源としての脂質を多く含みます
滋養強壮に効き、夏バテ防止にぴったりではないでしょうか!?
 
メディアではうなぎの高騰が取り上げられていましたが、近隣のウナギ屋さんでは午前中に
行列が出来ていました! スタミナ料理の定番なんですね!!
ちなみに・・・天然もののウナギの旬は、産卵に向けて脂がのる 秋 とされています。

 
行事食の献立から ≪ もずくスープ ≫ と ≪ 冬瓜サラダ ≫ をご紹介いたします。

 
【 もずくスープ 】
材  料  (作りやすい量 4人分)   《 1人前あたり 約15kcal  食物繊維 約1.2g 》

   もずく(塩抜き)・・・200g
   鶏ガラスープ・・・150cc
   しょうゆ・・・・・小さじ2
   料理酒・・・・・小さじ1
   塩・こしょう・・・少々
   白ごま・・・・・少々
   絹サヤ・・・・・8枚くらい

1. もずくを洗い、調味料を加えた鶏ガラスープに入れて煮る。
2. 茹でた絹サヤを半分に切って、白ごまと一緒に飾る。

* 絹サヤ以外では、カイワレ大根や長ネギなどもおススメです!!
   野菜が入っていると、つい飲み込んでしまいがちの もずく料理もよく噛んで頂くことが出来ます。

 

【 冬瓜サラダ 】
材  料  (作りやすい量 4人分)   《 1人前あたり 約40kcal  食物繊維 約2.2g 》

   とうがん・・・200g
   そら豆・・・100g
   黄ピーマン・・・20g
   赤ピーマン・・・20g
   フレンチドレッシング・・・20g
   ゴマドレッシング・・・20g
   水菜・・・・・10g

1. とうがんは7,8ミリのサイコロ切りにして茹でて、冷ましておく。
2. そら豆は茹でて皮をむいておく。
3. 黄ピーマン・赤ピーマンはみじん切りにしてさっと茹でてから、冷ましておく。
4. 3のピーマンとドレッシングを混ぜる。
5. 水菜を5センチ弱の長さに切って、器に敷く。
6. 水菜の上にとうがん・そら豆を盛り付けて、4のドレッシングをかける。

* 食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておくと、より一層美味しく頂けます^0^
* とうがんの食感とそら豆の旬の香りをぜひお楽しみください!!
 
 
8月になりました・・・夏バテ・熱中症・便秘症の防止にしっかり食べて乗り切りましょう!
 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 
来月の行事食は 『 夏のお楽しみ料理 』 を予定しています。
 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■













2012年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

著者のプロフィール

松島病院 5.12