2012年4月アーカイブ

☆ 今日のお献立 ☆

| コメント(0)

4月19日(木) 曇り空

今朝、イチョウの木にかわいらしい新芽を見つけました。
爽やかな新緑の季節になりますね^^/  

 

今日はレシピを一つご紹介します。

 

★ 本日の昼食(常食)★

  山菜おこわ
  鶏肉の照り焼き または 赤魚の生姜煮
  フキとつきこんの味噌炒め
  煮豆
  フルーツ

 

【 フキとつきこんの味噌炒め 】 

 材 料 (2人分)                            
    フキの水煮・・・80gP1000400.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像
    つきこん・・・40g
    油揚げ・・・15g
    油・・・少々
    味噌・・・6g(小さじ1)
    醤油・・・1g(少々)
    砂糖・・・4g(小さじ1弱)
    みりん・・・2g(小さじ1/3くらい)

 

 作 り 方 
    1. フキとつきこんは2、3cmくらいの長さに切る。
       油揚げも同じくらいの短冊に切る。

    2. 鍋に油を入れ、1の材料を加え炒める。

    3. 全体に油がまわったら、調味料を全て加えさらに炒める。

 

 栄 養 価 (1人分)
    エネルギー60kcal / 塩分0.4g / 食物繊維 1.1g

 

 ワンポイント
   
きのこを加えたり、フキをいんげんにかえても美味しいですよ。


    ■□■□ 食物繊維たっぷりです。常備菜にいかがですか ■□■□
    
  
    
   

 

4月の行事食

| コメント(2)

560645_191054761013176_100003259608352_307413_432937380_n.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像 

 

  

満開に咲いた桜も綺麗ですが、風に舞う桜も素敵ですよね。

当院では季節の行事食メニューを実施していますので、

毎月簡単なレシピや栄養についてご紹介していきたいと思います。

 

 

4月は桜の開花に合わせ、『お花見弁当』をご用意しました。


     A食 : 鶏肉の照り焼き                 B食 : 赤魚の塩焼き

     エネルギー 614kcal 食物繊維 5.2g 塩分 2.0g        エネルギー 549kcal 食物繊維 5.8g 塩分 1.8g 
  

2012_04_05_1.jpgのサムネイル画像         2012_04_05_2.jpgのサムネイル画像

 

共通メニュー : 黒米入り五穀ごはん お煮しめ フキの味噌炒め 大根の酢漬け フルーツ2種(メロン・パイン)  

 

五穀ごはんには、桜のピンク色をイメージして「黒米」を一緒に炊き込みました。
(実際は紫色になってしまいましたが...)


「黒米」は古代米の一種で、中国では「薬米」の別名もあるほど栄養価が高いお米です。
黒米の黒紫色は『アントシアニン』というポリフェノールの一種で、ブルーベリーなどにも含まれます。
血管を保護し動脈硬化の予防や疲れ目の予防に有効とされています。

また、皮膚の健康維持に必要なビタミンB群や鉄分、カルシウムなどの栄養がバランスよく
含まれるので美容効果も期待できそうです。

ビタミンCと一緒に摂取すると抗酸化作用が強くなると言われているので、
食後のデザートには季節のフルーツなどがおすすめです!

もちろん食物繊維も豊富でお通じにもよいので、普段のお食事に取り入れてみては
いかがですか?もちもちして美味しいですよ!!

☆ 米1合に対してスプーン1杯が目安です ☆

  

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

来月の行事食は子供の日を予定しています。
デザートはもちろん 柏餅! お楽しみに~~

5月の行事
   5/1 八十八夜(お茶)
   5/5 端午の節句(柏餅・ちまき) 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

2012年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このアーカイブについて

このページには、2012年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年3月です。

次のアーカイブは2012年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

著者のプロフィール

松島病院 5.12