どうしたら排便時間は短くなる?実践編

  • 投稿日:
  • by

前々・・・前回、「排便が悪いとおしりが悪くなる」という記事を書きました。

さて、では、どんな排便が良いのか?というと。

前回も言ってますが

「トイレに座ったらつるんスッキリ♪」

これですこれ(^^)

そんな訳で、まずは「便がしたいぎりぎりでトイレに行く」ことです。

腸が動いて、肛門に便がまさに届いた!というタイミングでトイレに入ること。

そして、そのときに。

出始めの便「むいたバナナのようにちょうど良い硬さ」であること。※便の後ろだけ軟らかくてもダメですよ。「便の先端の硬さ」です。

この2条件がそろえば、ほとんどの人ではトイレに座った瞬間に。いきまなくても便が出始めて、数秒で全部すっきり出てしまう。

そう、便は「出すもの」ではなく、「自然に出るもの」なのですよっ♪

そのためには、「腸を動かすための努力」と「便の先端を軟らかくするための努力」が必要ということになります。

腸を気持ちよく動かすには「リラックス状態」が大切とよく言いますね。

ヒトは、緊張しているときは「脳」「筋肉」「心臓や肺」に血液が集まります。

すぐに攻撃態勢に、またはすぐに防御、あるいは逃げるという行動をとるために。つまり、すぐ動けるようにするために。

逆に、リラックスしている時は消化吸収排泄などのために、内臓に血液が集まるんですね。だから気持ちよく「腸が動く」。

ということで、夜はちゃんと寝て、朝はちゃんと起きて。朝ごはんを食べて適度に運動し、ストレスをためない。

規則正しい生活が良い排便の第一歩・・・え?難しいですか(^^;

それではとりあえず朝ごはんだけでも。

朝ごはんには「胃ー結腸反射」という、腸を気持ちよく動かすための反射運動を起こすという役割があります。

ちょっとでもいい、食べる。

できれば。可能なら、主食を。甘い菓子パンなどではなく、おにぎりにするとなお良し(^^)b

おにぎりは「重くて」「腹持ちがよくて」「水をよくひきつける」という排便に良い作用がたくさんある。

そしてフルーツ・・・バナナとか、手軽で続けやすいものを(※フルーツだけだと食物繊維が足りないし、糖分が高すぎても良くないらしい)。

あれもこれもは難しいので、とりあえず朝ごはん。ぜひ、お試しを。

年に1回、大腸肛門病の専門家数千人が集まってそれぞれの研究成果を報告しあう会です。

昨年は新宿、今年は「お台場」♪←根が田舎ものなのでお台場と聞くだけでちょっと心が躍ります(^^)        

  IMG_5142.jpg

今回の学会テーマは「こだわり:Show your originality」

会長は防衛医大の学長である長谷和生教授です。

実はこの学会、2014年の第69回学術集会ではなんと!

当院・松島病院の理事長である、松島誠が会長をつとめたのですよ。

その時のテーマは「Ba(場)?共創と発信 繋がる大腸肛門学」

かぁっこいい、でしょう?(笑)

今年で74回をかぞえる長い伝統をもつ大腸肛門病学会学術集会、開催は年1回です。

医師はもちろん、パラメディカルの面々も含め、学会発表もするし司会やら特別発言やら、全員がっつり仕事&勉強してまいります。

ですので、学会期間中、0月11日(金曜)12日土曜は。

松島病院は休診となりますのでご了承下さい。

松島クリニック・松島クリニック汐留は通常通り診療しておりますが、こちらは

   IMG_5144.jpg

「消化器関連学会週間」という、消化器の病気全般の学会が集中して行われるJDDWが11月に開催されるため。

このときは少しお休みさせていただきますので、「休診のおしらせ」にご注意下さいませ。

エイが川に?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

すみません前回次の前フリをしたのに、、、

間があいた上に違う話がはさまります(^^;

このあいだの日曜日、病院に向かっていた医師がですね。歩きながら、何気なく側の川の中を見ると

    IMG_4755.jpg

「エイ」が泳いでいたそうで(@o@;

まぁ確かに、うちの病院、東京湾から遠くはないですけどねー(^^;  ※気になる方はぜひ地図を見てください♪

地図をみると、その目撃された場所は海から2km以上さかのぼったところなので

    

迷子のエイくん、無事に海に帰れるといいんですが、、、心配(TT)

排便が悪いとおしりが悪くなる(- -;

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

排便が悪いとおしりが悪くなる。

肛門の手術をしても、排便が悪いと傷が治らなかったり痔が再発したりする。なので、実は、肛門科が一番排便に「ウルサイ」(^^;

排便にかかる時間は1分以内、トイレにいる時間は2、3分かな。便器に座ったらツルっと便が出てしかもスッキリ!「あー気持ちよかった♪」でさっさと出てくることができれば、少なくともいぼ痔と切れ痔は悪くならないはず・・・と指導しています。

ではそのために、何をしたらいいのでしょう?

トイレにいる時間が長い人には、主に4つのパターンがあります。

   1.まだ、便が肛門におりてきていないのにトイレに入っている

   2.肛門には来ているけど、なかなか出てこない

   3.時間になったらいきみだけで全部出そうとするくせがある

   4.残便感があってなかなかトイレからでられない

あ、最近はもう一つ原因がありますね。

   5.洗浄便座で刺激しながら便を出したり、ジャージャー気がすむまで洗ってる

さて、ご自分のトイレ滞在時間、ぜひ計ってみて下さいね。トイレでいきんでいる時間=いぼ痔を大きく育てている時間です。さっさとすませて時間をもっと有意義に使いましょう。

え?スマホを見ててトイレが長いって?

それは「論外」ですよ(笑)

というわけで、次回は「どうしたら排便時間は短くなる?実践編」です。

素晴らしい(^^)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

いい話を聞きました。

とある患者さん、10日前、肛門の調子が悪くて、薬局で相談して薬を買ったのだそうです。

1週間後、あまり良くならないので、もう一度そこに薬を買いに行ったら。

「1週間薬を使っても良くならないならもう薬は売れません。病院へ行って下さい。」と言われたんですって!

思わず拍手してしまいました(^^) そう、その通りよ、薬剤師さん!!

                       

実際、市販の薬を一週間使うと、治るものであればかなりよくなることがあります。まず薬を使ってみるのは決して間違いではなく、いい目安にもなるんですよ。

逆に、薬が効かなかったら絶対に病院に行く方がいい。薬を使っても良くならないのは、何か原因があるはずなんです。トイレが長いとか、便が硬すぎるとか、細菌がついて炎症を起こしているとか。

あと、痔だと思っていたら残念ながら違う病気だったなんてこともあります。

もちろん、はじめから病院に行けばもっと早く良くなります。正しい診断がなされれば、原因や予防の話もできるので、本当は早めに専門医に行くことをおすすめします。

逆に、我慢しててもいいことはひとつもありません。日を追って悪化するなら、1週間と言わずできるだけ早く来院していただきたいです。

少なくとも、くれぐれも、治らない薬を漫然と使わないようにして下さいね、絶対!!

痔はおじさんの病気?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Moke_02.bmp

だいぶ前ですが、インターネットで、「どうして肛門科に行けないの?」というアンケートを行ったことがあります。

恥ずかしいとか、診察が痛いんじゃないかと不安とか、いろいろなご意見がありましたが、その中に。

「痔じゃないかと親に相談したら、痔はオジサンのなる病気だから、嫁入り前の娘が痔になんかなるはずはない、と言われた」という女子高生の書き込みがありました。

あるアンケートによると、「OLの4割は、自分は痔だと思ったことがある」のだそうです。実際、うちの病院の新患の約1?2割は30歳以下ですし、男女はほぼ同数。10代女子、全然珍しくないですよ。


私はもう10年位「おしりだって風邪をひく!?」というブログを書いています。だれだって風邪をひくことがあるように、どんな人のおしりも悪くなることがあります。

ただ、風邪をひくのはたいてい理由があるでしょう?不摂生とか、冷えだとか、疲れとか睡眠不足とか。同じように、おしりが悪くなるにはたいてい理由があるはず。便秘・下痢とか、不規則な生活だとか、冷えだとかね。

ちなみに初期治療もほぼ同じ。まずは暖かくして、規則正しい生活をする。市販の薬を使ってみるのも決して悪くはないです。


でも。

風邪も治らなければ病院に行きますよね。こじらせれば大変なことになることもあるし、風邪だと思ってたら違う病気だった、ということもあるわけだしね(ここまで書いてきて実感。ホントに風邪と痔って似てる)。

おんなじ、です。自分なりにまず対処してみて、それで良くならなかったら病院に行くこと。早ければ早いほど良いです。痔瘻なんかの場合、拡がってからでは治療が大変になりますし。いぼ痔切れ痔だって、初期なら薬で改善するものが進行すれば手術になる。何より、通常の治療で治らないということはそれは痔ではなく、もっと違う病気のことだって考えられる。


というわけで、当院の目標は、「風邪と同じくらい気軽に行ける肛門科」です。ま、難しいのはよく分かっているんですけどもね(^^)

新年度からコラム開始!(^.^)

ようこそ松島病院コラムへ♪

ここでは、病院内で起こっているいろいろな時間のヒトコマや。

病気のことだけではなくて、病院内で働いている私たちの思いや考えを切り取って、分かりやすく楽しいお話しをお届けしたいと思っています。

透過.png

病院って怖い辛いだけのところではなくて。

そんなことあるんだなーとか、こんなことしてるんだ、あんなこと考えてるんだっていう発見があるかもしれませんね。

堅苦しくなく、ちょっと面白い、ちょっと不思議、意外に笑える・・・なんて風に、親しみを感じていただける場になれば幸いです(^.^)

いろいろな視点から、病院ならではのお話しを集めていきますので。乞うご期待♪