最新の内視鏡機器を用いることで、通常の内視鏡の約100倍程度の高解像拡大画像を得ることができ、がんの診断が容易にできます(拡大内視鏡)。
また、NBI は、粘膜表層の毛細血管と粘膜微細模様が強調して表示されます。がんは自らを大きくするため血管を増やして栄養分を取り込もうとする特性があり、がんが拡大すると毛細血管が増え粘膜表面が込み入った模様に変わるため、NBI で食道・胃・大腸内の様子を明確に画像表示し、がんの早期発見の手助けとなります。