当院では、検査中・検査後のお腹の張りが少ない「炭酸ガス送気」による内視鏡検査を行っております。
内視鏡検査を行う多くの医療施設では、「空気」を入れて腸管を膨らませ観察を行っていますが、空気は腸管内に残りやすく、検査中や検査後のお腹の張りや腹痛などの不快感の原因となります。
一方、「炭酸ガス」は空気と比べ、腸管内での吸収が早いので、肺からの排出も早く、腹部の不快感をあまり感じません。
さらに、当院では「中央配管システム」により、常に最適な流量で、各内視鏡室に安定した「炭酸ガス送気」をしております。使用機器は二重の安全機構による安心設計で、安全な検査を実現しています。